包丁

出刃包丁の基礎知識から適切な選び方まで徹底解説しました

日本の料理人には欠かせない出刃包丁

江戸時代から存在し、現在日本の料理人にはかかせない出刃包丁について説明していきます。まず、出刃包丁は和包丁の1種であり別名出刃とも呼ばれています。出刃包丁の刃渡りは、10cm~50cmまであります。主に、魚をさばく為に使われ大きな魚をさばく時は20cm程の刃渡りで小さめの魚をさばく時は12cm程の刃渡りが適していると言われています。
刀身にもハガネ製とステンレス製の種類があります。切れ味重視の場合は断トツでハガネ製が適しています。持ちが良く錆びにくさで選ぶならステンレス製が適します。家庭で調理する際に使う場合は、ステンレス製の出刃包丁で十分です。次に、出刃包丁のメンテナンスのやり方です。包丁の切れ味を保つ為には当然日々のメンテナンスが重要になってきます。
ステンレス製とハガネ製どちらにしても使用後はきちっと洗う事が大切です。使用後の刃には油や雑菌が付着しています。刃を劣化させない為にもきちっと汚れを洗い落しましょう。次は、刃に残った水分をよく取り除いてください。それでも、いつかは確実に刃がもろくなってしまうので研ぎが必要になります。刃先がこぼれ切れにくい状態で無理に使い続けていると刃こぼれの原因になってしまいます。

RECOMMENDED CONTENTS

出刃包丁とは

「出刃包丁が欲しいって?でもどうして~?」「魚を料理してみたい…」とのことで、買いました。結構な値段がしましたけど、欲しいというのならまあ、買いましょう。でも、ちゃんと使ってもらわないと困りますよ!ということで、連れ合いはお魚料理当番になりました。テレビを見るやら、本を見るやら、なかなかの上手な包丁さばきになっています。お魚は1匹買いにして、お刺身にします。中落はおつゆにしたり、骨せんべいにしたり、なかなかの腕前になりました。出刃包丁を買っただけで、こんなに料理…

日本の料理人には欠かせない出刃包丁

江戸時代から存在し、現在日本の料理人にはかかせない出刃包丁について説明していきます。まず、出刃包丁は和包丁の1種であり別名出刃とも呼ばれています。出刃包丁の刃渡りは、10cm~50cmまであります。主に、魚をさばく為に使われ大きな魚をさばく時は20cm程の刃渡りで小さめの魚をさばく時は12cm程の刃渡りが適していると言われています。刀身にもハガネ製とステンレス製の種類があります。切れ味重視の場合は断トツでハガネ製が適しています。持ちが良く錆びにくさで選ぶならステ…

私も出刃包丁を使った事があります

私は数年前にスーパーの鮮魚コーナーでパートをしていました。その時に初めて出刃包丁に出会い、触りました。主に魚の頭や骨などの硬い部分を切る時に使っていました。普通の包丁に比べると重みもあり、厚みもありますので切りやすかったです。ですが、魚の骨も出刃包丁に負けないくらい固いので切るというよりも叩くという感じでしたね。私も勤続年数を重ねてから任せてもらえたりしましたが初めて見た時は怖かったです。大きい魚を切る時に主に使われていた出刃包丁は包丁のボス的な存在でした。です…

出刃包丁の種類

出刃包丁とは一体、どういうものをさすのか紹介したいと思います。特徴は、なんといってもその姿です。非常に重くて分厚いのです。そして何より頑丈なのがポイントですね。これは他の包丁とは比べ物にならない存在感があると思います。その鋭く尖った作りはいかにも良く切れそうな無骨な見た目をしています。なぜこのような形状なのかというと、魚を捌くのに最適なのです。骨まで切れるように考えられて作られたそうです。そして、出刃包丁は一つしかないわけでなく種類も結構あるんです。まずは本出刃…

TOP