包丁

出刃包丁の基礎知識から適切な選び方まで徹底解説しました

出刃包丁の種類について

出刃と言っても種類がたくさんあるのはご存じですか?今から紹介するのは出刃包丁の種類と特徴について説明させて頂きます。まず、出刃包丁とは何に使うために作られた包丁なのか説明させて頂きます。簡単に言えば魚を下ろすために作られた包丁です。魚の骨を切るために他の包丁と比べて刃が厚くて重くなっていて刃が欠けにくくなっています。なので骨のある魚を調理するときにはこの出刃包丁を使うのがベストなのです。
それ以外にも刃が欠ける硬い食材を切るときは出刃包丁をオススメです。カボチャとかもいいですね(笑)さてさて本題に入らさせて頂きますね。まず紹介するのは本出刃と言われるもので刃の幅がもっとも広くかたい骨も切れます。鳥の骨を切るときにもおすすめですね。サイズは180mm~240mmです。次に相出刃といわれ一般的に使われている出刃包丁です。
本出刃よりややは幅が狭く作られています。サイズは90mm~300mmです。三枚下ろしに向くように、刃幅はやや狭めで、刃の全長が長めに作られている見卸出刃です。サイズは210mm~300mmと長めです。その他にも舟行出刃、鮭切り出刃、タタキ出刃、鳥用の鳥出刃、洋包丁の洋出刃などさまざまな種類と用途に合わせた出刃がございます。単に出刃包丁言っても幅広いことに気づいてもらえれば幸いです。

出刃包丁とは

出刃包丁とは、一般に出刃とも呼ばれる魚用の包丁です。魚を調理するのにほぼすべての工程で重宝します。一般的な包丁と比べると重くなっていて骨を断ち易くなっています。刃も丈夫になっていて刃こぼれしにくくなっています。刃先も鋭くなっています。これは切り込み易くするためで魚を三枚おろしにするのに適した形といえます。
魚を三枚おろしにしていくのに鋭い刃先を使って切り込んでいき、ぶつ切りにしていくのなら重く丈夫な刃で骨ごと切断してしまうことができます。頭を落とす時などは包丁を叩きつけるようにする人もいます。そんな時に重さがあるのはとても助かります。骨を断つ際には手荒く扱うこともある出刃包丁ですが、そんな扱いでも刃こぼれしにくい作りが助けになります。その刃こぼれしにくい作りというのは出刃包丁が片刃であるためです。
片刃の方が両刃より刃を厚くしても両刃と同じくらいの切れ味を保つことが出来るからです。刃が厚い分頑丈になっているのです。とは言え乱雑に扱ってよいというものではありません。手入れはきちんとしなくてはその切れ味は保つことはできません。一口に出刃包丁と言ってもいくつか種類があり用途に合わせたものがあります。魚に様々なサイズがあるのと一緒です。中にはある魚専用のものがあったりもします。

出刃包丁の選び方

出刃包丁とは魚を捌く際に用いられる包丁です。刃が厚く、重くなっているために魚の骨を断ちやすく、現代においては魚以外に用いられることもしばしば見受けられます。出刃包丁は片刃構造となっています。その理由は片刃の方が頑丈であるためです。これは日本刀に似ています。日本刀は長期戦でも大丈夫なように耐久性が高いです。その一つの理由に片刃構造があります。そんな出刃包丁の選び方をご紹介したいと思います。
包丁は切れ味だけで選ぶわけではありません。先ほど述べたように、出刃包丁においては耐久性というものが大変重要になってきます。どちらかを重視するかは当然使用者に委ねられます。切れ味を重視するならば、ハガネでできた包丁を選ぶんだ方がよいとされています。耐久性を重視するならば、錆びにくいステン製のものを選ぶとよいでしょう。
また、使用者によって扱いやすい包丁のサイズは異なります。自分にあったサイズの包丁を選ぶことも重要となってきます。力の入れ具合や持ちやすさなどで包丁の能力をどれくらい引き出せるかは変わってきます。つまり、出刃包丁を選ぶ上では自分が切れ味と耐久性どちらを重視するのか、自分に合っている包丁のサイズはどれかという二つの視点をもつことが必要となってくるのです。

  • 出刃包丁とは

    「出刃包丁が欲しいって?でもどうして~?」「魚を料理してみたい…」とのことで、買いました。結構な値段がしましたけど、欲しいというのならまあ、買いましょう。でも、ちゃんと使ってもらわないと困りますよ!ということで、連れ合いはお魚料理当番になりました。テレビを見るやら、本を見るやら、なかなかの上手…

    くわしく読む
  • 日本の料理人には欠かせない出刃包丁

    江戸時代から存在し、現在日本の料理人にはかかせない出刃包丁について説明していきます。まず、出刃包丁は和包丁の1種であり別名出刃とも呼ばれています。出刃包丁の刃渡りは、10cm~50cmまであります。主に、魚をさばく為に使われ大きな魚をさばく時は20cm程の刃渡りで小さめの魚をさばく時は12cm…

    くわしく読む
  • 私も出刃包丁を使った事があります

    私は数年前にスーパーの鮮魚コーナーでパートをしていました。その時に初めて出刃包丁に出会い、触りました。主に魚の頭や骨などの硬い部分を切る時に使っていました。普通の包丁に比べると重みもあり、厚みもありますので切りやすかったです。ですが、魚の骨も出刃包丁に負けないくらい固いので切るというよりも叩く…

    くわしく読む
  • 出刃包丁の種類

    出刃包丁とは一体、どういうものをさすのか紹介したいと思います。特徴は、なんといってもその姿です。非常に重くて分厚いのです。そして何より頑丈なのがポイントですね。これは他の包丁とは比べ物にならない存在感があると思います。その鋭く尖った作りはいかにも良く切れそうな無骨な見た目をしています。なぜこの…

    くわしく読む

RECOMMENDED CONTENTS

出刃包丁とは

「出刃包丁が欲しいって?でもどうして~?」「魚を料理してみたい…」とのことで、買いました。結構な値段がしましたけど、欲しいというのならまあ、買いましょう。でも、ちゃんと使ってもらわないと困りますよ!ということで、連れ合いはお魚料理当番になりました。テレビを見るやら、本を見るやら、なかなかの上手な包丁さばきになっています。お魚は1匹買いにして、お刺身にします。中落はおつゆにしたり、骨せんべいにしたり、なかなかの腕前になりました。出刃包丁を買っただけで、こんなに料理…

日本の料理人には欠かせない出刃包丁

江戸時代から存在し、現在日本の料理人にはかかせない出刃包丁について説明していきます。まず、出刃包丁は和包丁の1種であり別名出刃とも呼ばれています。出刃包丁の刃渡りは、10cm~50cmまであります。主に、魚をさばく為に使われ大きな魚をさばく時は20cm程の刃渡りで小さめの魚をさばく時は12cm程の刃渡りが適していると言われています。刀身にもハガネ製とステンレス製の種類があります。切れ味重視の場合は断トツでハガネ製が適しています。持ちが良く錆びにくさで選ぶならステ…

私も出刃包丁を使った事があります

私は数年前にスーパーの鮮魚コーナーでパートをしていました。その時に初めて出刃包丁に出会い、触りました。主に魚の頭や骨などの硬い部分を切る時に使っていました。普通の包丁に比べると重みもあり、厚みもありますので切りやすかったです。ですが、魚の骨も出刃包丁に負けないくらい固いので切るというよりも叩くという感じでしたね。私も勤続年数を重ねてから任せてもらえたりしましたが初めて見た時は怖かったです。大きい魚を切る時に主に使われていた出刃包丁は包丁のボス的な存在でした。です…

出刃包丁の種類

出刃包丁とは一体、どういうものをさすのか紹介したいと思います。特徴は、なんといってもその姿です。非常に重くて分厚いのです。そして何より頑丈なのがポイントですね。これは他の包丁とは比べ物にならない存在感があると思います。その鋭く尖った作りはいかにも良く切れそうな無骨な見た目をしています。なぜこのような形状なのかというと、魚を捌くのに最適なのです。骨まで切れるように考えられて作られたそうです。そして、出刃包丁は一つしかないわけでなく種類も結構あるんです。まずは本出刃…

TOP